時々自転車、時々週末農業人、私時々会社員、時々学生な私の日記~ただ今ワーキングマザー1年目 奮闘中


by kashia427
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2009年 10月 06日 ( 1 )

昭和史

文庫版が出たので読んでみました。

昭和史 〈戦後篇〉 1945-1989

半藤 一利 / 平凡社



軽快な語り口調で書かれていて、堅苦しい内容もつい
引き込まれてしまいます。
重大な選択、学校などでは”結果”しか学べなかったようなことの舞台裏が、
関係者の日記などから生々しく伝えられます。
こぼれ話として昭和天皇とマッカーサーの11回にわたる会談で秘密裏に
話された内容がついてます。
昭和天皇とマッカーサーは話した内容はここだけの話、という男の約束を
交わしていたようですが、通訳の奥村氏がしゃべっちゃったり、マッカーサー
自身が後でぺらぺらしゃべっちゃったりしたようなんです。
でも昭和天皇は生涯その男の約束、をお守りになったそうで。

 激動の昭和、ほんの一部しか生きてないので、
見聞きするしかないのですが、日本の長い歴史の中で
戦後のたった60年でこんなに変わったんだ、
というのをこの本の中では庶民の生活、流行った歌や言葉の背景
なんかも垣間見ながら感じることができました。

今の何か諸問題を考えるとき、この戦後昭和の進んできた道、に
ヒントが隠されてるかもしれないですね。
[PR]
by kashia427 | 2009-10-06 21:27 | 読書